■剛性アップセットZC  品番:PZ−XMFC
仕様 マツダAZ−1用 剛性アップセットC
●フロント=マッスルフレームZ4
●リ  ヤ=マッスルフレームZ5

特徴・効果 スポーツ性能とステアリングインフォメーションを高める!!

マツダAZ−1をスポーツカーとして楽しむために必要なボディ補強パーツをセットにしました。
ボディ剛性アップの要となる前後のストラットタワーバーのセットで、ワンピースタイプの超高剛性フレームですから大幅な剛性アップが期待できます。

「マッスルフレームZ1・Z2・Z3」がフロント側の剛性アップを重視しているのに対して、この「マッスルフレームZ4・Z5」ではリヤ側の剛性アップを重視している傾向があります。
その方向性にも違いがあり、「マッスルフレームZ1・Z2・Z3」では街乗りからツーリングをメインに使っている方におすすめしたい“メンテナンスも考えたライトなセットアップ”ですが、この「マッスルフレームZ4・Z5」では“スポーツドライビングに必要なボディ剛性を得るためのややヘビーなセットアップ”だと考えます。

欲を言えば「マッスルフレームZ1・Z2・Z3」と一緒に使っていただきたいと思いますが、ボディ剛性を大幅に上げることでサスペンションがきちんと動く状態にすることができると思います。
剛性感を上げるのではなく、確実に剛性を上げる数少ない方法の1つだと考えています。

クルマのチューニングの方向を決めるのは全体的なバランスにありますが、その中でボディ剛性アップが求めるものはパワーやサスペンションを活かすことにあり、すべての源といっても過言ではないと思います。
まずはベースとなるボディを仕上げて、そこから次のステップを踏んでいただくことをおすすめしたいと思いますね。

ボディ剛性が高いことはセッティングを大幅に広げてくれることにもなりますから、そのクルマのパワーやサスペンションをもっと身近に感じられることもありますが、何よりも楽しさが増すことが大きな魅力です。
とはいうもののボディ剛性を上げることでのデメリットも少なからずありますからその点も理解していただき、何よりも“意のままに動くようなクルマ”に仕上がってしまうことの危うさにもご注意いただきたいと思います。

注意事項 この製品は“受注製作品”となりますので、製品が出来上がるまでに15〜20日間ほどの製作納期をいただきます。
もし少しでも早く欲しいという場合には、その旨をお知らせください。

より剛性の高いセットアップを望まれる場合は、仕様変更も可能です。
その場合には相談に乗らせていただきますので、お問い合わせいただきたいと思います。

この製品セットをこちらで取り付けられる場合の取付サポート工賃は6,000円〜です。

※ただいま、ご注文いただきますと[特別価格 50,000円]で提供させていただきます。
  ただし“2月22日までご入金いただくこと”が条件になりますので、ご了承いただきたいと思います。

送料設定 160サイズサイズ (単品の場合/金額についてはこちらをご覧ください)
■販売価格    52,000円 [消費税込]